/var/log/smzksts

ITインフラと牧場についての備忘録

2048のTips

この記事は[2枚目]Nutanix Advent Calendar 2017 - Adventarの1日目分として作成しました。

アドベントカレンダーの季節がやってきた

ブログを3年近く放置してた!
まあ、最近はQiitaに書いてたのですが、今回は技術ネタではないのでこちらに書きます。

 今月は12月ということで、ITコミュニティ界隈ではエンジニアが様々な記事を1日1個ずつ投稿するAdvent Calendarという取り組みが行われています。 

Advent Calendarの由来はこちら

 

私の運営しているNutanixコミュニティでもアドベントカレンダーを作ったところ、なんと今年はNutanixの中の人がエントリーするまでもなく、多くの参加表明を頂きました!

そんなわけで、本来私は今月Blogを書く必要はないのですが、何となく何もしないのもなーと思ったので、Tipsを投稿したいと思います。

なお、元々の由来を考えると、1つ1つの記事は本当に小さなTipsで構わないのですが、マゾい気合の入ったエンジニアたちが本気のBlog記事を投稿していることが多くなっています。そんな現状は気にせず、私は小さなTipsを投稿したいと思います。

 

2048とは

Nutanixの管理コンソールである”Prism”に組み込まれているゲームです。

メニュー内の“Nothing to do”(日本語版だと “やることありませんか?” )をクリックすると起動します。

 

f:id:smzksts:20171201235250p:plain

 

[New Game]をクリックすれば初めから、ゲーム途中の場合には矢印キーを操作すればそのまま続きを遊べます。

f:id:smzksts:20171201235313p:plain

 

ルールは至って簡単

  • 使うキーは↑↓←→の矢印キーだけ。
  • 4×4のマスに、数字の書かれたタイルが表示されます。
  • 矢印キーを押した方向に、数字のタイルが寄ります。
  • その際、同じ数字の書かれたタイルが移動した方向に隣接していると、2つのタイルが合体します。
  • 合体したパネル同士は数字が加算されます。たとえば2と2のタイルは合体すると4のパネルに、4と4のタイルを合算すると8のパネルになります。
  • 矢印キーを操作したタイミングで、空いているマスのどこかに、ランダムで2または4のパネルが追加されます。
  • 1024と1024のパネルを合体させて、2048のパネルを作るのがゴールです。画面内にはスコアも表示されていますが、2048点を目指すのではありません。
  • 実際にはゴールに到達してた後も、プレイを続けてハイスコアを目指しましょう。
  • パネルを動かすことが出来なくなったらゲームオーバー。

実際にプレイすると、数字が大きくなるにつれて合体可能なパネルを作るのが難しくなり、マスも埋まりやすくなるため、2048まで到達するのは意外に難しいです。

 

攻略Tips

 アドベントカレンダーの時期ですから、攻略のための簡単なTipsを紹介したいと思います。

↑↓←→の矢印キーのうち、どれか1つ「絶対に使わないキー」を決めて、「数字の大きなパネルをそのキーの反対側」に貯めるようにします。

 

たとえば

  • ↑キーは使わない
  • 数字の大きなパネルは下に貯める

 といった感じです。 

f:id:smzksts:20171201235430p:plain

挑戦したい人は

2048はNutanixの商用版だけでなく、Community Editionにも入っています!

また、元はオープンソースで、スマートフォンアプリ等にも移植されていますので、ぜひ挑戦してみてください!