/var/log/smzksts

ITインフラと牧場についての備忘録

virt-install使用時にudev指定はNG

CentOS5.2にて(以前のバージョンも同様と思われる)

iSCSIターゲットのデバイス名を固定するため、udev(/dev/disk/by-id配下)のパスを使用したかったが、
virt-installの--fileオプションにudevのパスは指定できない。

【原因】
udevのパスを、物理デバイス(phy)ではなくイメージファイル(tap:aio)として扱ってしまい、インストールが続行できなくなる。
※物理デバイスなのに、イメージファイルへのインストール時のようにファイルサイズを聞かれてピンと来た。

【対策】
インストール時には/dev/sd? の通常のパスで指定し、インストール完了後にudevに書き換える。