/var/log/smzksts

ITインフラと牧場についての備忘録

ルートパーティションに対するfsck

以前書いた記事の逆パターン。
fsckはマウント中のファイルシステムに対して実行すると、
警告を表示する。(ファイルシステム破壊の恐れ)

これまで、起動時にfsckさせる方法や、
CD起動でfsckする方法しか知らなかったのだが、
    # mount -o remount,ro /
を実行して、リードオンリーにすることで、
警告を出さずにfsckできた。

疑問:
もしも修正不能な不整合が見つかったらどうなるのか?
通常なら、lost+foundに配置されるが、リードオンリーだと・・・?