/var/log/smzksts

ITインフラと牧場についての備忘録

fstab書換え後の起動失敗

既存ファイルシステムの削除後や、/etc/fstabファイルの変更後、
存在しないファイルシステムの情報がfstabに残っていたり、
fstabファイルの記述ルールを間違えていたりすると、起動途中で止まる。

シングルユーザモードでログインはできるが、
/パーティションが読み取り専用状態になるため、修正できない。
対処法は下記のとおり。

  • /を再マウント後、/etc/fstabを修正(最近知った……)
    # mount -o rw,remount /
    これで/がrw状態で再マウントされる。
    あとは/etc/fstabを正しく書き直すだけ。

今までは、インストールメディアの1枚目を使って
レスキューモード(boot: linux rescue)で起動後、
/パーティションを適当な場所(/mntなど)マウントしてから
fstabを書き換えていたのは時間の無駄だった……。